170営業日 依存症ってこんな感じ

スポンサーリンク

おつかれさまです。
Uber Eats大阪配達パートナー@研究生です。

今日はわかりやすく説明すると禁断症状が出てしまい、稼働することになりました。

昨日、一昨日と、Uber Eats配達パートナーアプリを立ち上げてはヒートマップが出ていないか確認。
出ていないな。用事をしないといけないな・・・。

の繰り返し。

で、今日は木曜日。
以前と変わらず谷間なのかブーストは1.2倍の時間帯もあるようで、インセンティブ少なめの高単価の1日。という設定のようです。

休眠中の私にとってはまたぎインセンティブも無いし、その場その場の単価が高い方が有利なので、木曜日はありがたい設定となっております。

21:00くらいに配達パートナーアプリと睨めっこをして、ヒートマップが出ているのを確認。
100円→110円→120円・・・
みたいな感じでエリアは拡大、金額は積みあがる。

これはいかないといけない!

と無理やり理由をつけて稼働することに。

エリアはど真ん中で、ヒートマップインセンティブを入れると単価は500円くらいになるはず。
1時間3件で1,500円くらいの見積り。
稼働する言い訳としては・・・いいということにして手袋とバッグを準備。

出陣。

とりあえずヒートマップエリアを目指してど真ん中へ。

ヒートマップ消滅。

寒いし、なかなかマズイ展開に。
今更戻れないし、ヒートマップがないなら稼働しない予定する気にならないし。
と思っていたら、6分で鳴る。

画面には+130円の表示。

頭に???マークが飛ぶけど、とりあえずインセンティブがつくのは確定だろうから稼働することに。

1件目 22:02 道頓堀 焼きそば専門店 寿座 → 島之内

以前1回配達したことがあるお店。店長さん?が良い感じで出迎えてくれたのを覚えています。
1.9キロ移動があったからか、料理は完成している状態ですぐに商品を受け取ることに成功。
1キロ以下の短距離走で457円(130円のインセンティブ含む)。

配達完了前に2分で次回予約が入る。
+120円のヒートマップがついていたので受けます。
先日の稼働ではなかった数珠繋ぎは決まった条件下では発動する様子。
単純に配達パートナーと注文のバランスを参照しているのか、何か別の要素があるのか・・・。
以前の数珠繋ぎとは違うのはほぼ間違いないとは思うのですがどうでしょうか。

とりあえず次へ向かいます。

2件目 22:16 心斎橋 まだん 心斎橋店 → 常磐町

個人的にはいろいろあるよね。というお店。
到着前に+60円?のヒートマップ付きダブルピックアップ(2件分の配達)の依頼に。

断る。

昔の知識ですが、このタイミングで2件目が飛び込んでくると料理の準備までの待ち時間が恐ろしいことになる可能性が高いです。待ってもいいなら2件分受けるもよし、イヤなら断ってもいいと思います。
お店についてから判断して、完成まで時間がかかりそうなら1つキャンセルするのも1つの手段かな?と思います。
今回は到着すると商品が完成していたので、すぐに受け取り完了。
もう1つを受けていたらどうなっていたかは不明です。

2.2キロの平均的な距離を走行。
ルートは堺筋を北上からの中央大通りという走りやすい道。

到着前に次の予約。
ヒートマップ+100円。
受けます受けます。

3件目 22:27 谷町 松屋 天満橋店 → 高麗橋

0.9キロで商品を取りに。
これも0.7キロの短距離走。
2分、3分と予約が入るもヒートマップ料金の表示が無いのでヤメることに。

気分転換にはちょうど良い稼働でした。
おつかれさまでした。

56分オンライン 3件配達 1,409円 走行距離12.2キロ

UberEats配達記録
スポンサーリンク
記事が役にたつと思えればシェアをお願いします。
UberEats大阪配達員@研究生をフォローする
Uber Eats研究所
タイトルとURLをコピーしました