初回注文時利用できる割引コード有り。配達回数2,500回超えのUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが利用する際の注意点を紹介します。時と場合によってはとても便利。最先端の出前サービスです。

UberEats注文者向け
スポンサーリンク

注文者アプリに不具合が発生しております

2020年3月現在 注文者向けの注意喚起

2020年3月現在、世界中で対応に追われているコロナウイルスの影響で、Uber Eatsにも置き配のオプションが使いされました。今のところ、置き配オプションの設定に問題があるようで、希望通りの配達が行われないことがあるようです。下のリンクは配達する側向けの記事ですが、Uber Eatsに何が起きているかの把握をしていただく上でも一度読んでいただくといいかもしれません。

トラブル回避のために確認すべき点

注文アプリでお店と商品を選択します。最後に配達先と配達方法を確認する下の画面が表示されます。この画面の受け渡し方法の確認をしましょう。

受け渡し方法は3種類用意されています。
・玄関先で受け取る
・玄関先に置く
・外で受け取る

玄関先で受け取るを選択した場合

住所などを入力する画面が表示されますので、正しい住所を入力しましょう。マンションなどの場合は、マンション名も記入するとトラブル防止になることでしょう。

玄関先に置くを選択した場合

どのようにして置くのかを入力できる画面へ進むので、玄関の〇〇へ置いてください。置いたあとチャイムを鳴らしてください。など、希望する置き配の方法を入力しましょう。希望する方法をキチンと入力することがトラブル防止になることでしょう。

外で受け取るを選択した場合

ホテルのロビーや建物の外で受け取りを希望する場合はこちらを選択します。この場合は、まず住所の選択が正しいかを確認するといいでしょう。万一、住所が間違っている場合や選択の仕方がわからない場合は、こちらの画面で正しい住所や希望する場所を入力するといいでしょう。できるだけわかりやすい情報を入力することがトラブル防止になるでしょう。

トラブルの内容は?

現在起きているトラブルですが、注文者が意図していないのに、玄関先へ置くが選択されていることが確認されております。アプリのアップデートで改善される可能性が高いので、注文アプリは新しいものをインストールされることをオススメします。また、最後に注文した方法がデフォルトの配達方法になってしまうため、置き配トラブルに巻き込まれた方は、次回注文時に受け取り方法の確認をした方がいいでしょう。

玄関先へ置くことを希望しない場合は、玄関先へ置くが選択されていないことを確認する。玄関先へ置くことを希望する場合は、選択後のメモを必ず入力するのがいいでしょう。選択後のメモが未入力の場合、配達パートナーがバグだと思ってしまう可能性が高いので、希望する玄関先への置き方を入力しましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で出前を取る方法の記事はここから

注文者向けの記事はここから

*こちらはUber Eatsで料理を注文される方向けの記事です。
 配達パートナーに興味ある方は → こちらから

Uber Eats(ウーバーイーツ)という名前を聞いたことはありますか?
Uber Eatsとは
たまにテレビで取り上げられている、現代版の出前サービスです。

このページまで辿り着いた方はUber Eatsのことは知っているはず。
Uber Eatsをお得に使いたい。
そういう方々だと思います。
それではUber Eatsを少しでもお得に使う方法を紹介しましょう。

その前に・・・。

Uber Eatsを利用する場合のメリットとデメリットを紹介します。

そんなの必要ない!という方は、プロモーションコードの使い方まで飛ばしてください。

プロモーションコードの使い方へ進む

ここからは注文をする前に、配達回数2,500回を超える配達パートナー目線でUber Eatsで注文するメリットとデメリットを紹介したいと思います。

ほとんどのサイトでは良い所だけを紹介したり、良い所から紹介していると思いますので、うちのサイトでは逆に悪いところから紹介したいと思います。しばらくお付き合いください。

<Uber Eatsで注文する際のデメリット>

デメリット1つ目
Uber Eatsで食べ物を注文したいときってどんなときですか。
悪天候、体調不良、時間が無いなどなど・・・。
自分の都合が悪いときに注文する。
それがUber Eatsで料理を注文したいときです。

しかし、Uber Eatsでは大雨のときや猛暑や寒波のときは、注文した商品が届かないことがあります。

嘘みたいな本当の話。

こんなことが起きてしまうその理由はUber Eatsのシステムにあります。
Uber Eatsでは運営はアプリを提供しているだけであり、そのアプリは飲食店と配達パートナーをマッチングするアプリである。としています。

つまり運営はアプリを提供しているだけで、飲食店に料理を作ってくださいということや配達パートナーに配達をしてください。とは一言も言っていません。という立ち位置なのです。

飲食店目線では、アプリで料理を注文してくれた人がいる。だから料理を用意する。という状態です。

配達パートナーはアプリで料理を取りに来て欲しい飲食店があることが確認できます。
しかし、配達パートナーは外を見て雨が降っているので配達するのをやめることにしました。

料理はお客さまへ届くことなく、注文はキャンセルとなりました。

*料理を用意するというところだけは誇張していますが、その他は本当の話です。
料理は、飲食店の方がアプリ上で配達パートナーが決定してから準備ができるシステムなので、配達パートナーが決まる前に準備する必要はないので、基本的には食品ロスは起きません。基本的には。

たまに起こるようです。
食品ロス。
原因は、配達パートナーが配達依頼を受けたけど、何か商品を取りに行けない事態が起こってしまい代わりの配達パートナーが決まらなかった場合などに起こりえるのです。

このケースの回避方法は、極端な天候不良が予想される場合は注文を避けるようにすることです。
普通の雨くらいでしたら、それほど心配する必要はありません。
責任感ある配達パートナーが料理を届けてくれるでしょう。

というわけで、1つ目のデメリットは料理が届かないことがある。というお話でした。

続いて2つ目のデメリット
注文した料理が1時間後に届くことがある。

注文アプリ上では料理が届くまでの目安時間が表示されています。
注文する前に○○分~○○分くらいで提供できます。といった風に。
これを信じて注文したけど、1時間経っても料理が届かない。
そんなことがたまにあります。

その原因は、配達用アプリのシステムにあります。
配達パートナーが依頼を受けるとき、同じ店から2ヵ所分の料理を受け取ることがあります。
これは配達パートナーが拒否する権利もあるのですが、たくさん配達をしたい場合はもちろん受ける自由もあります。2件分の配達を受け取った段階では、何処と何処へ配達へ行くのか、配達パートナーは知る術はありません。

配達パートナーはまず1件目の配達へ行きます。
1件目の配達が終了後、2件目の配達先がアプリ上に表示されます。

!!!!!!!!!!

1件目配達中は、配達パートナーは2件目の配達先を知らないのです。
もちろん依頼を受けたときも、どこへ行くのか知らされません。
そのすべてを決めるのはUber EatsのAIです。
このAIがクセモノで、お店を挟んで真逆へ2件の配達ということもあるのです。
この真逆への配達の距離がとんでもなく長距離になったとき、配達時間が1時間かかった。なんてことが起こりえるときなのです。

ちなみに配達パートナーは1件目と2件目の順番を決める権利はありません。
必ず決められた順番で配達をするシステムになっています。

これを回避する術はお客さまにはありません。
あえてアドバイスできるとすれば、配達パートナーへクレームを言うのは時間がもったいない。ということです。
クレームはUber Eats運営へ言うべきです。
その方法は、注文アプリで注文履歴からお届けに時間がかかった。という項目がありますので、そこから配達予定時刻は○○時だったのに、大幅に遅延して○○時に届いた。といった風に冷静に起きたことを伝えてください。そうすることでUber Eats側は何らかの対応をします。配達パートナーはこのアプリの操作の仕方までは説明できても、保証や弁償の話はできないので、不運ですがまずは冷静に運営に問い合わせることが1番いい方向へ事が進みますので、ご理解いただければと思います。

このケースは事前に備えることができないため、起きてからの対処法を知っておくしかありません。

そろそろ良い話もしましょうか。

<Uber Eatsで注文をするメリット>

それではいよいよ良いところの紹介です。

1つ目のメリット
届くのが早い
配達パートナーによってスピードは違いますが、料理の提供までが同業種の○前館と比較しても。○前館は注文後1時間や2時間は当たり前の待ち時間だそうです。
これには理由があります。
理由はただ1つ。
○前館のデリバリースタッフは早く料理を届けるメリットが無いからです。
○前館のスタッフは時給で働いています。
1時間に配達が0件でも5件でも報酬は同じです。
Uber Eats配達パートナーは配達が0件だと、報酬も0円です。
なので、必然的に早く届けたくなります。
最近は、配達先でも○前館から注文先を変更したという話をよく聞くようになりました。

最初のメリットは届くのが早いということです。

続いて2つ目のメリットです。
デリバリーをやっていなかったあのお店の料理を食べることができる。
有名店で並ぶお店。
そんなお店の料理もUber Eatsなら並ばずに自宅で食べることができます。
また、デリバリーをやっていなかったお店の料理を注文することも可能です。
これは専属のデリバリースタッフを雇うことでお店の利益がマイナスに作用するお店でも、Uber Eatsに支払う手数料ならデリバリーを始めてもいいかな。と思ってもらえたからです。
その結果、元々はデリバリーをやっていなかったお店の料理が自宅で楽しめるようになりました。
これは間違いなく良いところです。

2つ目のメリットは
デリバリーをやっていなかったあのお店の料理を食べることができる。
ということでした。

最後に3つ目のメリットです。
配達エリアであればお届け先は自由自在。
これは文字通り、配達エリアであれば職場はもちろん、公園の指定した場所などでもOKです。場所さえわかるなら、どこへでも料理をお届けさせていただきます。これは携帯電話の普及はもちろんですが、Uber EatsのアプリがGPSを利用して配達パートナーの現在地をお客さまへ発信していることがお手軽にどこへでも配達ができるようになっている要因でもあると思います。

私が配達パートナーとして実際にあったケースでは、すごく天気の良い日に公園の芝生のど真ん中へ料理をお届けしたことがありました。お客さまは芝生にシートを敷いて今か今かとお昼ご飯の到着を待っていました。
また、最近多いのは訪日外国人の方がホテルへ配達を依頼するケースです。
ホテルへの配達ではロビーでのお渡しになるのですが、最近とても多くなっています。外食で美味しいものを楽しんで欲しいと思う反面、日本で外国の方がUber Eatsで料理を注文するというのもすごい時代だな、と感じる瞬間でもあります。

天気の良い日に公園でUber Eatsの料理を楽しむ。そんなことができるのが3つ目のメリットではないでしょうか。

以上、メリットとデメリットの紹介でした。
さて、あなたはUber Eatsで注文してみますか?してみませんか?

<登録するときにプロモーションコードを入れましょう>

このページで紹介するプロモーションコードは、初めてUber Eatsをご利用される方が初回注文時割引を受けることができるプロモーションコードです。

必要なもの
・スマートフォン
・登録用クレジットカード
・プロモーションコード
この3点を用意してください。
では順番に説明します。

<スマートフォン>
 今、このサイトをスマートフォンで閲覧している方は、その機種でOKです。
商品を注文するのに必要です。

 注意点は、商品を注文してからも配達パートナーとやり取りをする可能性がありますので、バッテリー切れにはお気をつけください。

 配達パートナーとやり取りするときというのは、配達パートナーが迷子になってしまったり、予期せぬ事態になってしまったときにお客さまと連絡を取ることがあります。登録している電話へ鳴ることもあります。その際、電話番号が知られてしまっているの?と心配になりますよね。

 しかしご安心を。電話で会話をする場合は転送電話での通話になるので、配達パートナーとお客さまで電話番号が知れる心配はありません。050や03で始まる番号でかかってきますので、着信設定が拒否設定になっていないことだけは注意してください。たまに連絡事項に注文者様の電話番号が記載されている場合がありますが、電話番号を伝える必要はありません。

 バッテリーが切れてしまうと配達パートナーが連絡を取る手段が無くなってしまうので、その点だけはお気をつけください。

アプリのダウンロードリンクはこちら。
それぞれ公式サイトです。

iOSはこちら

Androidはこちら

<登録用クレジットカード>
次に必要なものはクレジットカードです。
Uber Eatsで注文される方のものが必要です。
登録の際は、カメラアプリでクレジットカードを撮影します。
一度登録をすると、基本的には金銭のやり取り無く商品を注文することができます。

<プロモーションコード>
最後に割引を受けることのできるプロモーションコードです。
このページで準備しているのは、初回注文時、割引を受けることができるプロモーションコードです。Uber Eatsを初めて使う方向けです。適用できない場合はエラーが出ますので、適用条件が分からない方は一度入力してみるとすぐに結果がわかります。エラーが出る場合は他の初回限定のコードを入力しても適用はされませんのでご注意ください。

プロモーションコード   ins6jfms

プロモーションコードins6jfms

<プロモーションコード適用方法>

最後にプロモーションコードの適用方法です。

1.アプリを立ち上げ、右下の人型アイコンをタップします。

2.次にプロモーションをタップします。

3.プロモーションコードを追加をタップします。

4.プロモーションコードを入力し、適用するをタップする。

これでプロモーションコードが適用され、初回注文時割引が適用されます。
プロモーションコードを使って手に入れたクーポンは、古い順に自動的に使用されます。
今後、新しい割引コードを手に入れた場合も同様です。

以上、Uber Eats注文する場合の注意点及びプロモーションコードの紹介でした。

 【a】Uber Eats オーダープログラム
タイトルとURLをコピーしました