【ひと休み】日またぎクエストをやりたいのならこういうのはどうでしょう?

スポンサーリンク

雑記です。

配達パートナーにとっては日またぎクエストを廃止して適性な単価を支払われるのが良いと考えています。

しかし、どうしても日またぎクエストをやりたい!という強い意志があるのであれば、こんな日またぎクエストはどうですか?という記事です。

では早速、どんな日またぎクエストがいいのかを考えてみます。

現在の日またぎクエストは過去の配達回数を参照し、自動的にクエスト回数が設定されています。しかし、これでは配達パートナーの都合が全く反映されておらず、稼働できないのに消化できないほどのクエスト回数が設定されてしまうことがよくあると思います。

クリアできないクエストなんて、モチベーションを下げる要因になるだけなので、それぞれの配達パートナーの希望に近い配達回数のクエストを用意するのがいいのではないかと考えています。そこで、こういうのはどうでしょう?

日またぎクエストを回数選択制にする

例えば配達パートナーに日曜日にこんなメールを流します

明日、月曜日~水曜日のクエスト難易度をお選びください
*金額は仮のものです

易しい普通難しい
回数金額回数金額回数金額
4回400円10回1,100円30回4,000円
8回900円20回2,500円60回9,000円
12回1,500円30回4,000円90回15,000円
??回??円??回??円????円

これを各配達パートナーが都合に合わせて好きな難易度を選んでもらいます。そうすることで、自分の稼働時間に合わせたクエストを設定できるのではないでしょうか。自分にとってちょうどいい回数を自分で設定することが、日またぎクエストを続けていくためには必要ではないかと思います。

日またぎクエストはどうしても回数関係なく、長時間稼働できる配達パートナー向けの内容になってしまいます。そのため、稼働日数は多いけど各日短時間稼動する、というスタイルの配達パートナーの方にはどうしても不利な内容になってしまうのではないでしょうか。

各日、上限を設けたりなども考えてみましたが、そもそも自由に好きなだけ配達できるのがUber Eats配達パートナーの良いところでもあるので、現状のクエストを消化したら稼働することが損になる。というのは、やっぱりおかしいと思います。

良い方法はないかと考えれば考えるほど、日またぎクエストは廃止して、シンプルな報酬形態にするのが良いではないかという結論に到達しました。

という特に何の収穫も無い話になってしまいました。良いアイデアがあれば、次回アンケートで提案してみたいと思います。

雑記
スポンサーリンク
記事が役にたつと思えればシェアをお願いします。
UberEats大阪配達員@研究生をフォローする
Uber Eats研究所
タイトルとURLをコピーしました