コロナウイルスの影響でウーバーイーツは今、どのくらい稼げるのか?

売上
スポンサーリンク

Uber Eats(ウーバーイーツ)が今、完全に市民権を得ています。

東京、大阪など対応エリアではもはや目にしない日はないくらい、ウーバーイーツが流行っています。大阪ではラジオのスポンサー枠を購入したみたいで、ウーバーイーツのコーナーがあったり、テレビでも不自然なくらいウーバーイーツと連呼されています。

最初は富裕層や時間をお金で買いたい人向けのサービスという位置づけで始まったのですが、コロナウイルスの巣ごもり需要の影響で注文は伸びているようです。

またコロナウイルスが原因で、一時的に職を失ってしまった人などの受け皿になっていることや、元々これほど副業に向いている仕事は無いかもしれない。と思えるくらい、いつでも始めることができて、いつでも辞めれるということから、配達パートナーは大増産中です。ナインティナインの岡村隆史さんが風俗に一定数流れてくるかも…。という発言もありましたが、それよりも先にウーバーイーツへ元プロ野球選手、東京オリンピックを目指している現役選手が流れてきている。という状況です。

これだけ認知されているウーバーイーツの売上はどのくらい?

ツイッターなどで売上を公表している配達パートナーの方がたくさんいるので、1日働くとどのくらい稼げるのか。という問いに対しての一定の答えはたくさん出てくると思います。ただ、その数字が多いのか少ないのか、実際どうなの?という基準が無いと思います。

ですので、配達パートナー目線で、ツイッターからデータを拝借して判定してみたいと思います。

注意点は、金額が多いから上手い。少ないから下手、というわけではありません。実際稼働してみるとわかると思いますが、毎日稼働しているときのテンションってバラバラなのです。配達パートナーは、いつも少しでも多くの売上を狙って稼働するわけではありません。妙にやる気になっている時があれば、散歩の延長線上にある時もあります。ということを想像して、数字を見ていただければと思います。

参考ツイート

バイク 29.5時間 65件配達 42,107円

自転車 36.5時間 90件配達 64,349円

バイク 33時間 59件配達 41,705円

https://twitter.com/UE_Honda/status/1255832357942161408

 

 

 

自転車 50.5時間 90件配達 58,535円

 
バイク 90件配達 37時間 74,618円

参考ツイートの場合、時給いくらくらいになるのか

ウーバーイーツで配達パートナーに支払われる売上は大きく分けて2種類あります。

・配達料 (受け取り料金+お届け料金+距離料金)×ブースト+ヒートマップ

・インセンティブ 雨クエスト、日またぎクエストなど

この中でも日またぎクエストは3~4日の配達回数に応じてまとめて支払われるため、たくさん稼働する人ほど、結果的に配達単価が上昇する仕組みになっています。

日またぎクエストは配達パートナーの選択制になっており、ほとんどの配達パートナーは達成することを前提に目標設定をしています。日またぎクエストは配達単価を100円~200円程度UPするくらいの金額に設定されていることが多いです。

では、参考ツイートの自転車、バイク別の売上を一覧にしてみたいと思います。

エリア時間配達件数配達件数/時配達単価配達合計日またぎ総額時給
横浜36.5902.55014506919280643491763
大阪50.5901.83903513523400585351159
自転車参考
エリア時間配達件数配達件数/時配達単価配達合計日またぎ総額時給
大阪29.5652.24663030711800421071427
東京33591.8581342857420417051264
大阪37902.45695121823400746182017
バイク参考

時給1,159円~2,017円までバラツキのある結果になっています。

普通に依頼が流れてくる場合は、1時間あたり2.5~3件くらいの配達をすることができるの…ですが、上の例では大幅に下回っていると言える水準です。

これは、コロナウイルスの影響で配達パートナーが激増していることが原因と思われます。

巣ごもり需要で注文は増えているものの、それ以上に配達パートナーが増えているため、配達パートナーの売上上昇にはつながっていないことがわかります。

この記事の結論

ウーバーイーツは自転車で時給1,200円くらい。バイクで時給1,500円くらい稼ぐことができる。

*慣れてきた場合の参考

最後に

実際稼働してみると、思ったよりも稼げない。でも、まぁまぁおもしろいかな?というところまで進むことができれば、時給換算した売上は徐々にですが上がってくると思います。

誰でも簡単に最低賃金を好きな時間に稼げる。

そんなうまい話はないというのが、現在のウーバーイーツの実態ではないでしょうか。

それでもやってみようかな?と思った人は、ぜひ登録をしてみて、新しい副業、新しい働き方を体験してみてください。

お金以外の魅力もたくさんあるので、わからないことなどは何でも聞いてみてください。ツイッターのDMを飛ばしてもらえれば、わかることは回答させていただきます。

売上
スポンサーリンク
記事が役にたつと思えればシェアをお願いします。
UberEats大阪配達員@研究生をフォローする
Uber Eats研究所
タイトルとURLをコピーしました