Uber Eats配達パートナーの売上の底上げを狙うコツ。ただの0円?報酬に繋がる0円?売上0円の時間をどう使うか。 

スポンサーリンク

日当?時給?単価?給料っていくらなの?

Uber Eats配達パートナーの仕事。いくらくらい稼げるのか。公式サイトでは単価に近い形で報酬の計算方法が記載されています。やり方としては公式なので一番正確です。

しかし、いくら稼げるの?という質問に対しての回答は、やっぱり日当で○○円くらい、時給○○円くらい・・・・。といった説明の仕方の方がわかりやすいと思います。経験を元にした数字なら、信憑性も高いと思います。

私が書いている日記にも

○○時間オンラインで、○○円の売上でした。

という書き方をしています。この数字から日当や時給計算は可能です。

Uber Eats配達パートナーが1時間に3回配達、単価が400円。時給は1,200円ですが、内訳は?

上の内訳ですが、

  • 受け取り料金(ピックアップ)
  • 受け渡し料金(ドロップ)
  • 距離料金

です。

これらの合計が400円で、それを1時間に3回。合計が1,200円で、時給1,200円です。というのが時給1,200円の中身です。

Uber Eats配達パートナーって配達以外の時間、何をしているの?

Uber Eats配達パートナーって、配達以外にも待機している時間があります。俗に言う、鳴っていない時間です。この時間って、報酬は発生しません。0円です。ちなみにピックアップへ向かう時間も報酬は発生しないので、0円です。やっていることは待機とピックアップですが、お金目線で考えると1円にもならない同じ状態です。

と書くと、ピックアップへ向かっているのは、上記の例だと400円を得るための準備じゃないか。というお叱りをうけます。この指摘は正解なんです。おっしゃるとおりです。

では、もう1つの0円の待機時間。これは400円を得るための準備でしょうか?

答えは、人によって分かれます。
①ある配達パートナーは400円を得るための準備だ。
②また別の配達パートナーはただ休んでいるだけだ。

突然ですが問題です。
この2人の配達パートナーのうち、稼ぎそうな配達パートナーはどちらでしょうか。

答えは個人的には①です。しっかりとした準備をすることで配達パートナーの売上は上がります。必ず底上げになります。

だいぶ話が逸脱してしまったので、強引に書きたいことへ戻します。

時給1,200円の配達パートナーの分給は20円です

分給。1分あたりの給料です。これは配達時間や待機時間すべてをまとめた売上の1分あたりの金額のことです。

例えば大阪地区で1.5倍と1.8倍、東京エリアでは1.0倍と1.2倍のブーストエリアが隣接しているとします。 単価の差は100円くらいとします。今、それぞれの低い方のブーストエリアにいる配達パートナーは、移動した方がいいか、そのまま待機するほうがいいかどちらが得策でしょうか。

これは距離と移動する時間と残りの稼動予定時間に左右されると思いますが、ざっくりでもすぐに計算できるように自分の基準を決めておくといいと思います。

例えば、エリア移動が10分で可能だとします。時給1,200円見込みの配達パートナーの場合、オフラインで10分移動すると約200円のロスです。移動先の単価は100円高いので、1時間で3回配達できれば+100円。その後は100円高い単価を維持できるチャンスがあります。もちろん、低ブーストエリアから引っ張られる可能性もありますが。

これが20分移動にかかる場合は?400円ロスするけど、あと6時間稼動するぞ。という場合や、あと2時間しか稼動しない。というようなケースでどちらがトクなのかを計算した方が、見込みの最大売上に近づけることができます。もちろん、鳴る保証はないですが。

ここまでの話は、ブーストが違う場合で移動するかしないか。という話でしたが、鳴るペースでも同じような考え方をすることができます。

  • 1時間で2回鳴るエリア
  • 1時間で2.5回鳴るエリア
  • 1時間で3回鳴るエリア

これらのエリアの移動時間を考えて、オフラインで移動するのか、オンラインで待機するのか、という選択する基準を作っておくほうが売上上昇に繋がります。

今回は、ブーストと鳴る回数を基準にした0円の過ごし方を考えてみましたが、売上の底上げのコツは他にもたくさんあります。このサイトでは、誰でも出来る基本的なことを公開しますので、イイと思ったら、ぜひ真似をしてみてください。その際、結果も教えていただけるとうれしいです。悪い結果が出た場合も、あの情報はウソだった。などタレこみをお願いいたします。

それでは、あなたの売上が少しでも上がることを祈っております。

UberEats研究
スポンサーリンク
記事が役にたつと思えればシェアをお願いします。
UberEats大阪配達員@研究生をフォローする
Uber Eats研究所
タイトルとURLをコピーしました