日またぎクエスト終了、消滅 今後、ウーバーイーツはどうなるか

コラム
スポンサーリンク

日またぎクエスト終了、消滅 今後、ウーバーイーツはどうなるか

日跨ぎクエスト終焉

ツイッターのタイムラインは日またぎクエスト終了、消滅の話題で盛り上がっているようです。

日またぎクエストが導入されたのが2019年3月11日でした。

そのときの回数と報酬はこんな感じ(だったかな??)。

回数金額単価
354400126
608000133

60回クリア時の画像が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クエスト込みの配達単価は526円。

初めての日またぎクエスト導入でめちゃくちゃ鳴らなかったです。

2週目、3週目、と週を重ねるごとに難易度は下がっていき、期待値は上がっていきました。

上がっていった期待値とコロナの追い風、全てがイイ感じに組み合わさったのがつい先日。

月収40万円、100万円。

え?ウーバーって稼げるの??とザワついたときです。

あれは夢ではないけど、バブルだったのではないでしょうか。

ウーバーイーツは、人がモノを運んで報酬を得るという方法なので、どうしても報酬には上限ができてしまいます。

その上限が、誰でも月収40万円(年収480万円?)を狙える。

プロは月収100万円いける!という話です。

条件が揃えば今後も狙うことができないわけではないですが、なかなか厳しい数字だと思います。

平均的な年収?

先日ニュースになっていた日本の平均年収は436万円でした。

これを遥かに上回る480万円をウーバーイーツの配達パートナーが??

 

それは正直厳しいのではないでしょうか。

多少のリスクはあるものの、上司に怒られることもなくストレスが少ないウーバーイーツ。

良いときもあれば、良くない時もあります。

これからしばらくは逆風にさらされるかもしれないですが、同業他社と比較すると優位性はあると思いますので、長い期間かかわるつもりでウーバーイーツを利用するといいのではないでしょうか。

しばらくは掛け算の世界

今後の予想単価は500円~550円くらい。

注文量に左右されてしまうのですが、離脱する配達パートナーの方も出てくると思うので、期待を込めて1時間2.5件程度の鳴りと予想。

週休2日、8時間稼働時の月収は…。

 

500円×8時間×2.5件×5日=50,000円(週)
550円×8時間×2.5件×5日=55,000円(週)

4週で200,000円~220,000円+α

時間を味方にして10時間稼働する場合は
4週で250,000円~275,000円+α

このくらいを予想収入としておきます。

 

日跨ぎクエストがあったときは、クエスト完了後に稼働すると平均単価が下がっていくことになっていました。

それが日跨ぎクエスト廃止の影響で、いつやめても期待値はほぼ同じということになります。

すると、時間を味方にするハイパー配達パートナーが誕生することが予想されます。

東京チームで時間4件、単価600円で15時間稼働できたとすると…。

4件×600円×15時間=36,000円

25日稼働すると、

36,000円×25日=900,000円

注文量次第ですが、それほど悲観することは無いのかもしれない、日跨ぎクエスト廃止?の話でした。

余談 準備はしておきましょうね

税務署の人はツイッターを見ているので、売上を上げている人は税金を納める準備を忘れずにしておきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました