36営業日 Uber Eats 9:00~24:00 フル稼働でいくら稼げるか

スポンサーリンク

Uber Eatsで注文したことがない人、500円×3回割引のクーポンコードです。

eats-3x9ij8

まだ注文したことがないあなた。

このコードを適用してください。

管理人が喜び、モチベーションが上がります。

配達無料のときに利用すると、500円分のタダ飯を食べることができます。

前回は松屋の牛めしを配布していました。

では本題。

#10000円いくまで帰れません

10000円は最低限のノルマとして、9:00~24:00フル稼働でいくらくらい稼げるか実験。

ランチタイム終了までで9件配達。

平均2キロのドロップ。

Uber Eatsはオフィス街の会社員の人たちは普通は使いません。

もし間違って使うのなら、予約機能があるのでランチ前に届くように設定することを強く推奨。

でないと、最悪お昼休憩に食事がないという事態も考えられます。

昼下がりの魔の時間帯。

14:00~18:00はやっぱり鳴りにくい。

カフェの需要が多いらしいので、そのあたりを狙ってみる。

7件配達で、お弁当、カフェ、、松屋、マクド、バーガーキング、マクド、マクドの順。

狙い通りにはいかないな。

ディナータイム突入。

4キロ超えのドロップがあるものの、帰りに鳴る感じの場所がないのが困る。

15分くらいで鳴る

5分以内にピックアップ

20分で配達

20分かけて釣り場へ戻る。

ロングでこの流れになってしまうと、時給600円になってしまう。

鳴るだけありがたいけど、やっぱり脚力無しにはショートが良い。

21:00を過ぎると遅めの夕食に期待するくらいしか思いつかない。

何の需要が多いのか。

カフェ、丼、ケンタッキー、マクドの順で4件配達。

久々に梅田に引っ張られた感じ。

北区よりも中央区の方が走りやすいかな?どうなんだろう。

現在23:00

ここでトラブル発生。

バッテリーが足りない。

企画的にはあと1時間で2件くらい上乗せしたい。

ということで、コンビニにてモバイルバッテリーを買う。

買ったのはコレ。

iuasefmoes.jpg

ここでまたトラブル発生。

この安物モバイルバッテリー、充電スピードが遅いみたいでスマホは充電できなかった。

というわけで23:00過ぎでギブアップ。

さぁ、売上は!

Screenshot_2018-10-19-00-31-34.png

14時間稼動 25件配達 11,605円也 走行距離106キロ

体力的に限界でした。

筋肉痛がひどいし、大変。

数字を追ってやることではないなー。と思います。

やっぱり楽しく稼動するほうがいい。

15時間フルはできなかったものの、チャレンジできてよかったです。

でも、もうしません。

おつかれさまでした。


タイトルとURLをコピーしました