一律1人10万円の給付 所得制限無し 用紙の記入方法に注意点があります 5月下旬に届く?

雑記
スポンサーリンク

10万円を受け取るための注意点

一番重要なことなので、最初に書きます。

まず、10万円を受け取るためには国から送られてくる用紙に銀行口座と受け取り金額を記入して返送する必要があります。

マイナンバーカードを使ったオンライン申請の場合は返送しなくてもOKです。

記入用紙は世帯ごとに郵送されます。用紙には家族の名前があらかじめ記入されています。万一、間違いなどがあれば訂正や役所へ連絡をする必要があると思われます。

そして受け取り金額を名前の下に記入するようになっています。

注意点

名前の右側にですが、 □ 受け取りを希望しない というチェックボックスがあるようです。

ここにチェックをすると、その人の分は10万円が振り込まれません。

大事なのでもう一度書きます。

チェックを入れると受け取らない。ということです。

なぜこんな仕組みにしたのかは不明ですが、そういう書式のようですので、ご注意ください。

生活支援臨時給付金として考えられていた件の続報です。

コロナウイルスの影響で現金を配る、商品券を配る、対象者は誰…など話は二転三転していましたが、ようやく安倍首相の政治決断で確定しました。

一律1人10万円の給付 所得制限無しで確定

これはこれで不平不満はあると思いますが、現金の届け方を決定し、予算さえ確保できれば実行できるのが良いところです。

数の論理では自民党だけで好きな条件で給付することができるはずですが、連立与党の公明党の意見を安倍首相が受け入れ、決断したようです。

もらえる人は誰?

おそらく日本国民であれば誰でももらえることになるでしょう。

住民票がある、戸籍がある。などの条件になるのではないでしょうか。

ウーバーイーツ、生活保護、お金持ち、収入が減った、収入が増えた…一切関係なしです。

ちゃぶ台を全部ひっくり返した感じです。

いくらもらえる?

1人あたり10万円です。

大人子ども関係なく10万円です。

給付は世帯ごとになると思いますので、4人家族の場合10万円の給付用紙が4枚か、10万円×4人分の40万円の給付用紙が届くのではないでしょうか。

現金はいつもらえるのか

補正予算の審議が行われ、決定後になります。

今回の決定案の前に言われていた条件付き一世帯30万円の給付案の場合は3兆円の予算が計上される見込みでした。

しかし、今回の国民全員に10万円となると、12~13兆円の予算が必要になると思われます。

この場合、現在の補正予算案を書き換える必要があるので、余分に時間がかかることが予想されます。

2週間ほどで予算が成立するとして、5月に入ったあたり。

そこから給付の開始、受け取りとなるとさらに2週間程度はかかると思われますので、現金が届くのは、5月4週目~6月1週目あたりではないでしょうか。

受け取り方法は?

受け取り方法は銀行振込が予想されます。口座指定をする方法がわからないのですが、基本的には振込ではないでしょうか。何かしらの口座を指定する用紙が送られてくるのか、選挙の投票用紙の送り方をベースに送ると、選挙権のある年齢の人へは振込指定用紙が届くでしょう。各世帯の子どもは住民票や戸籍をベースに配るのでしょうか。

問題点

誰に配るのはズルいということは、ここでは無しにしましょう。
他に問題点はないでしょうか。

考えられるのは、受け取れない人がいるかもしれないということでしょうか。

たとえばホームレスの人で、この給付の話を知らない。という人。

別居をしている夫婦。

銀行口座への振込以外の方法で受け取ることができるとしても、その場合は役所へ行くことになると思います。たとえばDVが原因で逃げている人が役所へ給付金を受け取りに行く。加害者が待ち伏せしている。など、考えたくはないけど不安はあります。

現金を届ける方法は早く決めないといけないけれど、こういう人はこうやって受け取ってください。という方法を提示してほしいと思います。

とりあえず給付案はほぼ決まったので、早く受け取れることを願いましょう。

タイトルとURLをコピーしました