レジ袋有料化が始まるけど、必ず販売しないといけないわけではないです

コラム
スポンサーリンク

レジ袋有料化が始まるけど、必ず販売しないといけないわけではないです

2020年7月1日からプラスチック製買い物袋の有料化が始まります

プラスチック製品の廃棄が環境へ悪影響を与えるということで新しい法律が施行されます。

プラスチック製買い物袋は有料

紙袋や持ち手のない袋は対象外

例外の無料パターン

この法律ができたときに取引先から相談を受けました。

レジ袋めちゃくちゃ在庫があって、店のロゴが入ってるから無料で使っていたものを有料にしないといけないのかな?

調べてみるとそのお店は7月1日以降も無料でレジ袋を提供してもいい方法がありました。

そのルールがこれ。

レジ袋を辞退することができない場合は有料化の対象外

線引きは以下のやり取りがあるかないかです。

「お客さん、袋に入れておきますか?」

これを聞くなら、レジ袋有料化の対象です。

聞かずに袋に入れて、「ありがとうございました」とレジ袋に入れた商品を渡すのなら無料でもOKです。

有料化にしないといけないのかな?

今使っているレジ袋は使えないのかな?

と困っている事業者の方は、とりあえず強制的にレジ袋に入れることで在庫の買い物袋が無くなるまでは営業するといいのではないでしょうか。

ストックが無くなったあと、有料化にするか、無料で提供してもいいルールで運用するのかを決めておくといいでしょう。

 

*この記事はプラスチックの廃棄問題なんてどうでもいい、知ったことないよ。抜け穴利用すればいいじゃん。という記事ではありません。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました