テレワーク シェアリングエコノミー ウーバーイーツの今後について

スポンサーリンク

終息後、どんな働き方がスタンダードになるのか

コロナウイルスの影響が拡大している現在、何を考え準備しておくかが重要だと思います。終息後、あなたはどんな仕事をしますか?

今まで通り勤め先にこれまで通りの働き方に戻る方が一番多いでしょう。しかし、コロナウイルス前の世界とコロナウイルス後の世界はおそらくガラリと変わってしまいます。

テレビの世界ではひな壇が消えるのではないでしょうか。

一般の職場でも、実は今までの人数って必要なかったのではないか。

意外とテレワークできるじゃないか。

結果的にいろいろなことに気づかされる機会になりそうな気がします。

きっとウーバーイーツも変わっていくのではないでしょうか。

ウーバーイーツが今後変わっていくとすると、食品以外の配達だと思います

実験的にではありますが、東京エリアではローソンの商品を運んでいます。ローソンの取扱商品は日用品が含まれているようで、ウーバーイーツが始まった当初の食べ物を運ぶという範囲からは少し枠が広がっています。

これが他の店舗や募集する業種に幅が出てくれば、スーパーの配達がウーバーイーツのシステムを利用したものになったり、ウーバースーパーやウーバーオフィスサービスみたいなものができるかもしれません。

こういったことに舵をきってくれると、多種多様なパートナーを集めることができるので、お店の形がわかることもあるかもしれません。

雑記
スポンサーリンク
記事が役にたつと思えればシェアをお願いします。
UberEats大阪配達員@研究生をフォローする
Uber Eats研究所
タイトルとURLをコピーしました